ヴィッセル神戸、社長交代へ 徳山氏退任、後任に千布氏 東大サッカー部出身「粉骨砕身の覚悟で」


2022-05-30

サッカーJ1のヴィッセル神戸は27日、徳山大樹社長(33)が退任し、後任に取締役の千布(ちふ)勇気氏(36)が6月1日付で就任すると発表した。

千布氏は佐賀県出身で、東京大大学院卒業後の2011年に楽天入社。神戸では19年から常務執行役員などを務めた。東大サッカー部出身で、「学生時代に10年以上サッカーに打ち込んできました。クラブは浮き沈みの波がありますが、粉骨砕身の覚悟で業務にあたってまいります。一致団結して、残りのシーズンを常に前を見続けながら駆け抜けていきたいと思います」とコメントした。

徳山氏は神奈川県出身で、早稲田大卒業後の11年に楽天入社。19年から神戸の副社長となり、21年2月にJ1クラブ歴代最年少の31歳で社長に昇格した。退任後は副社長として引き続き神戸に残る。

今季の神戸は、開幕からクラブワースト記録を大幅に更新する11戦未勝利と不振に陥った。その後も成績は上向かず、1勝5分け9敗で最下位の18位に沈んでいる。徳山氏は「今シーズンはタイトル獲得を目指してスタートしましたが、期待に添える結果を出せていないこと、深く責任を感じております。立場は変わりますが、皆さまと共に一致団結して前進していく所存です」などとコメントした。

神戸の人事を巡っては、三木谷浩史会長が21日の湘南ベルマーレ戦後に会長職の辞任を示唆したが、23日に自身のツイッターに動画を投稿し、続投の意思を表明していた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。