【速報】ヴィッセル4得点、札幌に快勝 ホームでようやく今季2勝目


2022-05-30

サッカーの明治安田J1リーグ第16節最終日の29日、ヴィッセル神戸はノエビアスタジアム神戸でコンサドーレ札幌と対戦し、4-1で快勝した。神戸は4試合ぶりの今季2勝目を挙げ、通算成績2勝5分け9敗で勝ち点を11に伸ばした。

最下位の神戸は前節まで3試合勝利がなく、過密日程の中、アンドレス・イニエスタ主将が5試合連続で先発に名を連ねた。試合前にはイニエスタのJ1通算100試合出場達成を祝うセレモニーも行われた。

試合は神戸が先手を取る。前半17分、イニエスタが入れた右CKのこぼれ球に山川哲史が反応。ペナルティーエリア手前から右足を振り抜くと、低い弾道で左隅に突き刺さった。その後は札幌がペースを握るものの、神戸も中央のスペースを埋めて守備を固め、1点リードで前半を折り返す。

後半14分、GK前川黛也がボールをキャッチできず、こぼれ球を札幌のドウグラス・オリヴェイラに決められたが、神戸はここから怒濤(どとう)の攻撃を展開する。19分、汰木康也のFKから武藤嘉紀がヘディングで押し込んで勝ち越すと、24分には汰木の右CKから菊池流帆が押し込んで3点目。さらに29分、左サイドを汰木がドリブルで突破し、中央に折り返すと、大迫勇也と相手DFがもつれてゴールネットを揺らした。  直後には札幌が退場者を出して数的優位となり、試合はそのまま終了。1万8714人が詰め掛けたホームで貴重な勝利を挙げた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。